公益社団法人 全国出版協会

出版科学研究所

書籍販売額

書籍販売額
※取次ルート/出典『出版指標 年報 2021年版

書籍

書籍の出版市場は、雑誌と比較すると減少幅は緩やかだ。2002年、2004年、2006年は、「ハリー・ポッター」シリーズ(静山社)の新刊が初版200万部超の規模で発売されたことで前年を上回った。このように、ベストセラー商品の有無によって年間の販売実績の変動は大きい。近年は、シニア向けの生き方本、自己啓発書、実用的な内容のビジネス書などが売り伸ばす傾向が強まっている。また少子化が進行しているが、児童書や学習参考書は毎年手堅く売れている。

文庫本

書籍全体の売り上げが逓減するなか、文庫本の販売減が著しい。特に2014年以降、5~6%の減少が続いており、厳しい状況が続く。SNS、ゲーム、動画など無料コンテンツにあふれたスマートフォンの普及が文庫販売に与える影響が大きい。だが2020年に関しては新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり需要で、カミュ『ペスト』(新潮文庫)をはじめ、過去の名作など既刊の売れ行きが伸長し、減少幅が縮小した。コロナ禍を機に、東野圭吾、湊かなえ、佐伯泰英など文庫販売で非常に人気の高い作家が電子化を解禁する動きが相次いだ。

児童書

児童書分野は拡大傾向にあり、好調だ。2000年代は『ハリー・ポッター』シリーズ全8巻が爆発的に売れ、ファンタジーブームによって市場は1998年の700億円から2002年に1,100億円に急伸した。ファンタジーブームが去った2010年代前半はブーム以前の水準にもどったが、2015年以降再び上昇し始めた。絵本、学習漫画、学習図鑑、児童文庫などで、ヒット商品が相次いでいるからだ。本来、児童書はロングセラー作品をじっくりと売る、変化は少ないが、手堅い市場と言われてきた。だが、近年はヨシタケシンスケなどの新進作家の台頭やバラエティに富んだ新企画が続々と登場。新規参入社も増え、市場は活況を呈している。

出版指標 年報

詳細なデータに関しては当研究所発行『出版指標 年報』に掲載しております。
ご注文はオンラインショップ、またはFAX(03-3266-1855)でお申し込みください。

オンラインショップ

会員限定

一般公開