公益社団法人 全国出版協会

出版科学研究所

開催のご案内

出版社をインターネットに接続する―ピークアウトした企業を復活させる方法論

【講師】株式会社竹書房 執行役員・営業局長兼書籍編集局長 竹村響氏

申し込み終了しました

読者を取り巻く環境が変化し、出版不況が叫ばれるなか、出版業界は電子との共存が重要なテーマとなっています。

昨年、出版科学研究所の調査で紙と電子のコミックス市場が逆転したことを発表しましたが、多くの出版社から電子が成長する一方で、紙が苦戦しているという声が聞かれます。そんななか、竹書房は電子だけでなく紙のコミックスや書籍も目覚ましい好成長を遂げており、その背景には低迷から脱却するに至った大幅な社内改革がありました。

ピークアウトから復活を果たし、近年「メイドインアビス」や「ポプテピピック」などのマンガ作品でも話題を呼んでいる竹書房。本セミナーは、同社の社内改革を推し進めた竹村響氏に、いかにして低迷から持ち直し好成長を続けているのか、その取り組みや今後の展望、出版業界の未来についてお話していただきます。

講師プロフィール

竹村響(たけむら・ひびき)氏
【講師】竹村響(たけむら・ひびき)氏

1977年神戸市生まれ。同志社大学卒業後2000年竹書房入社。編集職を経た後2007年電子書籍黎明期よりデジタル事業を兼任。2014年から紙媒体の営業職として漫画作品のプロモーションとマーチャンダイジングを中心に事業を統括。2015年から編集も含めた書籍事業の統括も兼任。執行役員として事業の多くを統括する。

開催概要
開催日時
2018年11月1日(木)15:00~17:00(開場14:30)
会場
中央大学駿河台記念館 6階 610号室
定員
80名
受講料
5,000円(お支払いは会場受付にてお願い申し上げます)
申込締切
受付終了いたしました。
主催
公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所
TEL. 03-3269-1379 FAX. 03-3266-1855
アクセス

中央大学駿河台記念館 6階 610号室
TEL. 03-3292-3111

JR総武線「御茶ノ水」駅から徒歩3分
東京メトロ千代田線「御茶ノ水」駅B1・B3出口から徒歩3分
東京メトロ丸の内線「新御茶ノ水」駅から徒歩6分
都営新宿線「小川町」駅B5出口から徒歩5分

メニュー