公益社団法人 全国出版協会

出版科学研究所

開催のご案内

絵本『だるまさんが』はなぜヒットしたか~ブロンズ新社の本づくり

【講師】株式会社ブロンズ新社 代表取締役・編集長 若月眞知子氏

申し込み終了しました

いま魅力的な絵本を次々と世に送り出している、ブロンズ新社の活躍ぶりが注目されています。絵本「だるまさん」シリーズ3点が400万部を突破、tupera tupera、ヨシタケシンスケなど新進気鋭の作家を続々と発掘するなど快進撃を続ける同社は、書店を大事にしていることでも知られています。

また、五味太郎の『らくがき絵本』は世界16カ国17言語に翻訳出版されており、イタリア・ボローニャで開催される国際児童ブックフェアにも2004年以降単独ブースを設けて毎年出展、海外へ向けた出版活動も活発に行っています。

創業者である若月社長に、絵本を中心とした出版社へ舵を切った理由、ヒット続出の背景、海外への目線、書店員とのつながり、本づくりへの思いと今後の展開などについてお話ししていただきます。

講師プロフィール

若月眞知子(わかつき・まちこ)氏
【講師】若月眞知子(わかつき・まちこ)氏

1949年京都生まれ。編集者。33歳でブロンズ新社を設立。
当初は国内外の文学・評論を発行していたが、1990年に初の絵本『らくがき絵本』を編集。ボローニャのブックフェアで世界各国の多種多様な絵本に触れて目からウロコが落ちる。年間20点弱の新刊絵本を刊行。国際出版にも力を注いでいる。
30周年を機に「書店大賞」を設立、オフィスの隣にギャラリー「青銅ROOM J」をオープンさせた。「リサとガスパール」シリーズ、「だるまさん」シリーズ、『ビロードのうさぎ』『てつぞうはね』『しろくまのパンツ』『りんごかもしれない』『へいわってすてきだね』『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』など約600冊を出版。

開催概要
開催日時
2016年3月8日(火)15:00~17:00(開場14:30)
会場
中央大学駿河台記念館 6階 610号室
定員
80名
受講料
5,000円(お支払いは会場受付にてお願い申し上げます)
申込締切
受付終了いたしました。
主催
公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所
TEL. 03-3269-1379 FAX. 03-3266-1855
アクセス

中央大学駿河台記念館 6階 610号室
TEL. 03-3292-3111

JR総武線「御茶ノ水」駅から徒歩3分
東京メトロ千代田線「御茶ノ水」駅B1・B3出口から徒歩3分
東京メトロ丸の内線「新御茶ノ水」駅から徒歩6分
都営新宿線「小川町」駅B5出口から徒歩5分

メニュー