公益社団法人 全国出版協会

出版科学研究所

開催のご案内

出版人のひとりごと―作家との「出会い」の話をしよう:クライトンからサンデルまで―

【講師】株式会社早川書房 代表取締役社長 早川浩氏

申し込み終了しました

ハーバード大学教授マイケル・サンデルの『これからの「正義」の話をしよう』がいま60万部と大ヒット中の早川書房は、海外文学及びノンフィクション、翻訳ミステリ、SFの専門出版社です。

月刊演劇雑誌『悲劇喜劇』を出版するために創業者早川清が1945年8月15日に会社を創立。1956年に『ミステリマガジン』、1959年に『S-Fマガジン』を創刊。数多くの日本人劇作家、そしてミステリ作家、SF作家を輩出するなど、輝かしい歴史があります。

現社長の早川浩氏は、慶大在学中、東京オリンピックに英語圏公式通訳として活躍したことが転機となり、卒業後、コロンビア大学に語学留学。アメリカ、ヨーロッパ各地の出版社を訪問、海外との太いパイプを築き、いまも年3回は版権取得のために海外に飛んでいるとのことです。

今回の出版セミナーは、講演はまったくしないという早川社長に、特別にお引き受けいただきました。編集者として経営者として、どんな作家と出会い、どのような仕事をしてきたか。聴き逃せない貴重な機会です。ぜひご参加ください。

講師プロフィール

早川浩(はやかわ・ひろし)氏
【講師】早川浩(はやかわ・ひろし)氏

株式会社早川書房 代表取締役社長
1942年東京神田生まれ。慶應義塾大学商学部卒。
1965年早川書房入社、1989年に同社社長に就任。
1964年第18回東京オリンピック英語圏公式通訳。
1998年ニューヨークにてアメリカ探偵作家クラブ主催エドガー・アラン・ポー賞特別賞:エラリイ・クイーン賞受賞。

開催概要
開催日時
2010年12月8日(水)14:00~16:00(開場13:30)
会場
アルカディア市ヶ谷 5階 穂高
定員
100名
受講料
5,000円(お支払いは会場受付にてお願い申し上げます)
申込締切
受付終了いたしました。
主催
公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所
TEL. 03-3269-1379 FAX. 03-3266-1855
アクセス

アルカディア市ヶ谷 5階 穂高
TEL. 03-3261-9921

JR総武線「市ヶ谷」駅から徒歩2分
東京メトロ有楽町線/南北線「市ヶ谷」駅A1-1出口から徒歩2分
都営新宿線「市ヶ谷」駅A1-1、A4出口から徒歩2分

メニュー